結婚写真を前撮りして新郎新婦の素敵な思い出を残す!

逆光をうまく使ったフォトウェディング

前撮り写真は、新郎新婦が納得のいく結婚写真を撮るのに最適です。ここでは、結婚写真を前撮りする良さについて色々お届けしたいと思います。

結婚写真で前撮りする良さって?

海岸でフォトウェディング

実際の結婚式当日とは…

結婚式当日の撮影は、その日にしか感じる事の出来ない幸せな空気感を感じる事が出来たり、自分達が招待した招待客の皆さんと一緒に写真撮影出来たり、当日だからこその良さがありますよね。しかし、実際の結婚式を経験された親御さんや友人に伺ってみると、中々新郎新婦には時間が無いと言うのが本音です。

当日は、自分達が想像していたよりも慌ただしく、写真撮影する時間をしっかり確保するのが難しいのです。結婚式での写真撮影には、プロのカメラマンに依頼して撮ってもらうのが一般的ですが、カメラマンと撮影した写真を確認しながら撮っていく事は出来ません。なので、どんな写真が仕上がっているかは、仕上がった写真のデータを見ないと分からず、イメージ通りに写真が撮れていない場合もあります。

前撮りをするメリットとは…

結婚写真を前撮り出来ると、自分達の結婚写真を時間に追われる事無く、ゆっくり撮影することが出来ます。カメラマンとも写真の仕上がりをその場で確認する事も出来、納得のいく結婚写真を記念に残す事が出来ます。他にも、様々な撮影ロケーションで写真が撮れたり、衣装も色々選べたりするもの魅力となっています。さらに、前撮り写真を撮っていると、結婚式をさらに盛り上げる材料になり、有効活用出来る良さもあります。

前撮り写真の有効活用方法とは?

街を背景にフォトウェディング

結婚式よりも前に撮影をすることで、撮影したお写真やデータを当日飾ったり、演出に使ったりすることができます。ここでは、効果的な3つの活用方法をご紹介します。

ウェルカムボード:結婚式で招待客をお迎えするウェルカムボードとして!

ウェルカムボードは、結婚式場の入り口で招待客をお迎えするのに欠かす事の出来ないブライダルアイテムですよね。ここ数年の結婚式では、新郎新婦の傾向として自分達の個性をウェルカムボードでも表現したいカップルが多くなっています。そこでお勧めなのが、ウェルカムボードに前撮り写真の活用です。

前撮り写真では、新郎新婦も素敵な結婚衣装を身にまとい、ポージングやアングルにもこだわった特別な写真を色々撮影しています。その中で自分達のお気に入りの一枚をウェルカムボードとして活用し、招待客を楽しませる事が出来ます。

他にも、前撮り写真をアルバムにして、結婚式の招待客の待合室に置いておくのも粋な演出でお勧めです。前撮り写真では、結婚式当日には着用しない洋装や和装姿で撮影が可能なので、自分達の様々な一面を見てもらう良い機会にもなります。

葉書:結婚報告や結婚式に出席出来なかった人達への報告ツールとして!

結婚式が終わった後に、招待客の皆さんに御礼、結婚式に主席出来なかった、あるいは、招待しなかった人に結婚報告をする場合に、前撮り写真を活用した葉書や年賀状にして相手に送る事が出来ます。前撮り写真で様々なパターンで写真を撮っている場合、2人で写真を選ぶ楽しみながら、贈る人によって写真変えて送る事も出来ます。

披露宴の演出ムービー:プロフィールムービーやオープニングムービーに!

前撮り写真は、結婚式の最中に流すウェディングムービーにも活用する事が出来ます。新郎新婦の生い立ちやデート写真だけで無く、前撮り写真も幾つか取り入れて、さらに内容豪華なムービーに仕上げる事が出来ます。なので、より招待客の人を楽しませる要素にも繋がります。プロが撮影してくれた前撮り写真をムービーに加えるだけで、ウェディングムービーとしての見栄えやクオリティーもアップします。

家族で前撮り写真を撮る良さって?

家族でフォトウェディング

両家の家族にとって幸せな瞬間を記念に残す事が出来る!

家族で撮影する結婚写真は、新郎新婦のお互いの家族も一緒に幸せいっぱいの瞬間を素敵な写真に残す事が出来る良さがあります。結婚式当日となると、やはり主役の新郎新婦は時間に追われてバタバタとするのが実際ですし、お互いの両親ともちゃんとした写真撮影を行うのは難しいです。なので、しっかり別の日を設けて、お互いの両親も含めて一緒に結婚式の前撮りが出来るのは嬉しいですよね。別日で撮影する事が出来れば、結婚式当日も空き時間をぬって写真撮影をする等の慌ただしさも無く、式中も落ち着いて自分達の式を楽しみながら過ごす事が出来ます。

フォトウエディングにも家族での結婚写真はお勧め!

最近では、結婚式の新しいスタイルとしてフォトウエディングと言うジャンルが登場してきましたよね。フォトウエディングでは、一般的には結婚式を挙げないカップルがフォトウエディングの撮影を行います。カップルの中で「自分達は結婚式を挙げないけれど、両親に結婚衣装を着た今しかない姿を見せたい!」そのように思っている方もいるかと思います。そんなカップルの方にも、フォトウエディングに両親を誘って、自分達の結婚写真を撮影する事が出来るのでお勧めです。

家族と結婚写真撮影を楽しむには?

新婦

スタジオ撮影での楽しみ方!

お互いの両親を交えた結婚写真の撮影では、フォーマル、カジュアル等、撮影テイストを変えながら楽しく撮影する事が出来ます。結婚写真の基本であるビシッとキレイに並んで撮影するカチッとスタイルの集合写真だけにせず、家族の表情が砕けた弾ける笑顔の写真も撮影しておくのがお勧めです。

ロケーション撮影での楽しみ方!

また、結婚写真では屋外で撮影する事の出来るロケーション撮影も、色々なロケーションを背景に撮影を楽しむ事が出来るのでお勧めです。例えば、お互いの家族皆で仲良く手繋ぎしたり、屋外でナチュラルな家族の雰囲気を撮影したり、撮影を楽しむ事が出来ます。スタジオ撮影とはまた違って、屋外の開放感も楽しみながら撮影出来る事も魅力です。

[撮影をさらに盛り上げるコツ]

結婚写真は、そう何度も写真を記念に残す事が出来る機会はありません。なので、そんな特別感のある写真だからこそ、結婚写真にはその時にしか表現出来ない特別感が溢れた写真に出来たら素敵ですよね。そんな時だからこそ、いつもだったらチャレンジ出来ないような、思わずクスっと笑ってしまう撮影ショット等に挑戦するのもお勧めです。例えば、両親と一緒に元気よくジャンプする等、アクティブ感のある撮影も盛り上がります。また、親子の思い出の場所で、幼かった自分と若かりし頃の両親を再現した写真を撮るのも面白いです。他にも、お互いの両親の名前や両親に向けたメッセージボード等を持って撮影すれば、両家の家族紹介を写真活用して行う事も出来ます。

結婚写真の有効的な活用方法とは?

公園でフォトウェディング

子供の頃は、何かと節目や行事毎に家族と写真館で家族写真を撮る事もあったと思いますが、大人になってから家族で写真を撮る事って中々ありませんよね。しかし、結婚写真をお互いの家族も招いて一緒に撮影する事が出来れば、家族写真を撮る事が出来る絶好の機会にもなります。こうした機会を利用して、家族との結婚写真を残す事が出来れば、改めて家族の絆を再確認出来たり、深めたり出来る事にも繋がります。そんな素敵な結婚写真を新郎新婦からお互いの両親へプレゼントするカップルも少なくありません。今までの感謝の気持ちを家族で撮影した写真を通して伝える事が出来るのも、素敵なプレゼントになりますよね。

まとめ

新婦のフォトウェディング

結婚写真の前撮りには様々な方法があり、完成した写真も色々なシーンで有効活用する事が出来ます。特別な日だからこそ、ちゃんと写真に収めておく事が出来たら、後から見返す楽しみもありますよね。是非、皆さんも前撮り写真で2人の結婚の思い出を素敵に残しましょう。